検索
  • Taka

プライドについて

プライドが高いとか低いとか言うけど… From:寺本隆裕 ライターには、筆が進まない時がある。 いわゆる「ライターズ・ブロック」というやつだ。 たとえば、インプットが不足してるとか、 エネルギーが不足してるとか、 集中モードに入れてないとか… 原因は色々あるけど、 ぼくが色んな人にライティングを教えてきた経験上、 書けない大きな原因の一つには「プライド」というものがありそうだ。 つまり、 いいもの書かないと! みんなをあっと言わせるようなものを書かないと! という気持ちのこと。 たとえばメルマガでもブログ記事でも、 いいか悪いかは、実際に出して、読んでみてもらわないとわからない。 こっちがどれだけ頑張ったかどうかは、 相手には全く関係のないことだ。 良し悪しは読者(顧客)が決めることであって、 自分でコントロールできるものではない。 僕も、練りに練った記事が大外れしたり、 一方で10分位で書いた記事が大ウケしたり…なんてことはよくある。 でもこの「プライド」という言葉。 「誇り」という意味もあるけど、 実は原義は「高慢」という言葉だ。 そのため"pride"は「うぬぼれ」とか「横柄」といった、 避難するときにも使われる単語。 たとえば、 プライドの高いセールスライターがいた場合。 彼はどんな行動をとるか? (ちなみに「彼」は架空の人物。念のため) 自分で書いたセールスレターを、 レビューに持ってくることなく、誰にも見せることなく、 そのまま「こっそり」リリースする。 なぜなら彼は自分の仕事に「誇り」を持っているから。 ・・・・ではなく、 ただ、自分の仕事を誰かに批判されるのが嫌なのだ。 (あるいは彼は勉強するばかりで「書かない」ということもあるかもしれない。 でも彼のアイデンティはセールスライターだし、 実際に「知識」は豊富だったりする。) 彼は自分の仕事が批判されるのが嫌なために「高慢」になっている。 結果、当然多くの場合、そのセールスレターは成果を出さないし、 何より彼は成長しない。 (人は、フィードバックを受けることによってのみ、成長できる) 本来であれば、「誇り高い」セールスライターなら、 最大の関心事はその「成果」であるべきだ。 であるなら、 「売れるセールスレターをつくり上げる」ということ。 その「目的」に対して手段を尽くすべきだ。 本当の意味でプライドが高いセールスライターなら、 先輩ライターにでも後輩ライターにも、 マーケティングの素人の見込み客にも、、、 書いたものを見せて意見を聞いて、 それを謙虚に受け入れて改善を行うはずじゃないだろうか。 一般的に、 批判されるのを嫌がったり、 人の意見に耳をかさなかったり、、、 という人のことを、人は「あの人はプライドが高いからなぁ」 という。 一方、 色んな人に、自分の書いたものをボロカス言われても ニコニコしている人のことを、 人は「あの人にはプライドがないなぁ」 と言う。 でもこれ、逆、なんだよね。 前者は単に「高慢」なだけ。 後者は成果に真剣な「プロ」だ。 高慢な人は、自分のアウトプットに意見されることが、 イコール自分自身を否定されているように感じる傾向にある。 このヘッドラインがだめだ。 訴求がだめだ。 と言われているのを、 「お前がダメだ」 と言われているのと勘違いしてしまう。。 勉強をして成果につながる人とつながらない人の違いは、 こういうところにある。 たとえば、「正解」を求めて、 勉強が終わったらまた次の勉強をするのか。 それとも、とりあえずアウトプットしてみて、 フィードバックをもらうのか。 といった行動の違いに表れたりする。 そしてその違いは、 ほんとうの意味でのプライド=「プロ意識」があるかどうか。 だと思う。 さて。 あなたのプライドは、どっちだろうか? 寺本隆裕 PS もちろんこれは、ライティングだけじゃなく、 あらゆる仕事に当てはまる。 誰かが言っていた。 「大胆なことをやるには、謙虚さが必要である」 **************** 中途採用エントリーはこちら。 https://signup.oxfordclub.jp/hr/entry_step 募集ページを読み返すならこちら。 https://signup.oxfordclub.jp/hr/recruit 同僚や大事な知り合いにも紹介してもらえると嬉しい^^ ****************

321回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示

熱中

From:寺本隆裕 ロンドンに向かう飛行機の中より、、、 来週からはじまる会議に参加するため、 いまロンドンに向かっている。 「飛行機の中より、、、」 ってカッコいいな! って思うかもしれないし、 ぼくもちょっとカッコつけてそう書いたところもあるけど… よくよく考えてみ。 飛行機の中ですら仕事してるわけやで? しかも今日、土曜日やで?(笑) 日本時間の22:00やで?(笑)

かっこいい経営者

かっこいい経営者ってどんな人かな? From:寺本隆裕 何年か前、 経営者向けの勉強会に参加した。 総額で何十万円かする、そこそこの勉強会だ。 その会には100人以上が参加していて、 平均年齢は恐らく、50~55歳の間くらいだろうか。 (僕はその中ではかなり若い方で、高級料理を前に若干浮いていた(笑)) ありがたいことに、 ぼくをネットを通じて知ってくれている人も何人かいて、

©2019-2020 by APJ Media合同会社